つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

自分らしく生きる

自分の現実は、他ならぬ自分自身が創造している。

その現実を楽しく意気揚々と過ごすのも、嘆き悲しむのも自分が選択したこと。

人それぞれ、家族、学校、会社、政治、社会全体と個から集団と括りは様々。

その中に身を置いている現実も、すべて自分が選んでいるのです。

その現実に違和感を感じているならば、選択を変えればよいのです。

ほんの少しの勇気と心の奥にある信念に気づけば、行動できるものです。

 

「今」という現実は、過去の自分の選択した結果であり、未来にこうなろうとする希望でもある。

「今」には、過去も未来も集約されている。

時間の観念が生み出すものの考え方、捉え方を少しだけ変えてみたら、「今」は実に完璧だと思える。

 

~したら、~なれば・・・。

こうなるなんて、思いもしなかった。

この現実は、自分が選んだわけではない。

~たい。けど~だから・・・。

 

人生におけるトラブルが生じたとき、こんな考え方になるだろう。

上手くいかないとき、人のせいにしたり、社会のせいにしたり、環境のせいにしたり。

数々のコントロールドラマにはまり込み、抜け出せなくなっている人もいるだろう。

視野を少し広げるだけで、見え方はガラリと変わったりします。

 

それは、

「自分の現実は自分で創っている。」という事実をしっかり受け止める覚悟から始まります。

その事実から目を背け、言い訳していては、何も変わらない。

どんどん深みにはまり込んでしまいます。

 

「自分の意志で創造する」と心に決めて、どんな自分になろうしているか自分と向き合うことが次のステップ。

それは、今までの自分に対して違和感を覚えることもあるでしょう。

 

「変化に柔軟になる」

変化していくときは、希望と不安はつきもの。

どっちかばかりを観るのではなく、どっちもしっかり見ていくことが大事です。

 

「未知に心を開く」

無知であることを認めて、学ぶ姿勢を忘れないこと。

知らないことを聞く勇気を持つこと。

 

「断捨離」

いらないものを捨てる覚悟を持つこと。

心の中に沢山のすがりがあればあるほど、モノも増えていきます。

いつか使えるだろうと捨てられないものは意外と多いものです。

今必要かどうか・・・が判断基準。

一度捨てたとしても、また手に入れることもできるのです。

それを無駄と考える人もいるでしょうが、今必要ないものを心の中に置けば置くほど、新しいものは入ってきません。

 

「手放すこと」

学んだことを自分の中だけにとどめておけば、いつか必要ないものになって、心が満タンになり、また動けなくなります。

それを人に教えたり、与えたりすることで、学んだことが活かされます。

そこに生まれるエネルギー交流が、豊かさにつながっていくのです。

 

ここまでのステップは繰り返されます。

人にはステージがあり、ステップアップしていくようにできています。

一見似たようなことも、ステージが違えばまた新しいものに見えたりします。

そのステージ変化は、人が離れたり、会社を変えたり、独立したりと現実に起こります。

今までに囚われていたら、その変化を見逃してしまうことになります。

ステージダウンしてしまうケースもありますが、ちきんと理由があります。

 

自分らしく在るというのは、

「自分の意志で現実を創造していること」

それこそが、魂の歓びであり、進化への過程なのです。

 

と、私は思う。