読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

冷酷無比

これは悩むわぁ。

 

魂は助けたい。

自我は助かりたくない。

 

鏡の立場になったとき、届かない思いは実に虚しい。

鏡の立場になったとき、反発反論反作用・・・痛い。

鏡の立場になったとき、そのまま映したらガチ否定・・・マジむかつく。

鏡の立場になったとき・・・あなたはどうしてる?

 

今日も、その対応に悩んでました。

自分は、ぶち壊して、終わらせるのですが、仲間はそうもいかん時がある。

しかも、のしまで付けてくるから困りもの。

 

そこで龍神に相談した。

どうしようかのぅ・・・?

龍神は、助けたいなら手を差し伸べ、そうでないなら冷酷無比になるしかない。と。

だよね・・・。

だが、この冷酷無比は、自分らしいのか・・・?

自分として受容できるのか・・・?

パッツリ切れないのが心の働き。

恩着せてくるものも、怨着せてくるのも、遠のく心の隅っこに追いやる性。。。

 

これも一つの学びなんですがぁぁぁ。

在る人は言った。

「嫌いな人も愛を持って接していく」と。

さすがな一言でした。

まぁ、そうなんだよ。

冷酷無比は悪でも何でもなくて、ただ冷酷無比なんだわ。

言ってしまえば、愛の中にあるもの。

心を鬼にする感じで、閻魔様みたいな感じ。

 

無意識の領域なので、当人たちは全く気づいてらっしゃらないのさ。

ある日突然、心のどこかが痛む感覚。

だけど、無視しようと思えば出来る程度。

そんなところ感じて、悩んで、いちいち答えだして、どうにかして。

痛い痛い痛い。

 

現実にも色々起きて、痛い痛い痛い。

揉んで解してどうにかなれば楽なんだけど、

痛みのリフレインは対処しようがない。

 

こんな痛みを心の隅っこに追いやって、放っておけるほとんどの人間。

 

私の答えは、こうだ!!ってあるんだけど、

あるんだけど、

あるんだよ・・・。

 

相手から受けなければいいんだよ。

究極の技なんだよ。

ある意味、冷酷無比と同じ働きなんだよ。

 

まだ修行中なんだよなぁ。我々も。