読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

再スタート

人生には、いくつもの分岐点がある。

そのきっかけは人によって様々ですね。

 

今までも幾多の再スタートを迎え、在る意味のゴールも迎えてきた。

それは達成であったり、潜伏であったり、忍耐であったり、覚悟であったり・・・。

今回の再スタートは、自分たちの存在の確立なのかもしれない。

ゴールするまでお題は分からないけど、必死に向き合うことで解消されていく。

ゴールには、フラッグもない。

スタートのお知らせだけ。

諦めてしまった時も、あがき続けた時も、怒りに身を任せた時もある。

このスタートは新たなフィールドでの自分を発見し、可能性の一部を見つけるためにあると思っている。

長い時は数年、短ければ数カ月。

数週間程度のものもある。

 

自分が何をどう見据えて、次の自己を表現していくか。

その全てが魂ロードのプロセスであって、本当のゴールはずーっと先のこと。

 

私は、もう人間を繰り返したくないと思っている。

その分、他の人よりカルマの解消速度や、魂磨きの試練は多いのかもしれない。

死にかけても、死ななくていい人が死を迎えてしまっても、必然的に死にゆく人も、次の生に向かうだけの儀式的なものと捉えている。

この世に生まれおち、両親を選び、成長する過程を予測して、学ぶべきこと、表現すべきことを担う。

その道には必ず応援者がいる。

主護霊と主護神。

その存在に気づいたのは、十数年前。

そして、目に見える形では出会うべき人がいた。

役目が終われば、黒板消しのように目の前から消えていく。

ただし、魂的な繋がりはずーっと感じている。

 

独自の世界観で一般的スピリチュアルとは違った観点を持っているのかもしれないし、そうでないかもしれない。

他者の書籍も沢山読んだ。

共感する部分、そうでない部分、学ぶべき部分・・・いろいろ知識を放り込み、現実の中で検証してきた。

 

スピリチュアルを越えたところにある部分。

なんかそれが気になる。

妻の予言的個人暦では、謎の中国人が課題。

気功・太極拳など身体とエネルギーの調和をしっかり学ぶべきか。

 

いずれにしても、スタートした限り、ゴールを目指す。

 

 

しかし、今日の仏さんたちのラッシュにはまいったね。

未来出会う人とのコンタクトなのに、過去の清算が既に始まる。

まあ、いつものことだけど、人ってしんどいね。

 

生きる意味

みんな知ってほしい。

本当のことはウソのように聞こえるときもあるからね。