つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

大事なイチゴと空中遊泳

十年以上前の話。

ベランダでイチゴを栽培していたのね。

やっと実った一つ目のイチゴ。完熟までじっと待っていたのさ。

いよいよ、真っ赤に熟して、美味しいよって合図してきたのさ。

その日の夕方、ベランダに黒い影が見えたわけ。

そーーーっと近づいて、そっと窓を開けて、頭をひっぱたいてやった。

口には、大事なイチゴが・・・無残に。

そいつ、カラス。

イチゴをポテッと落として、近くの電線に止まって、

こっち向かってカーカー言ってるわけ。

「テメーこの野郎!!大事なイチゴ食いやがって!!」とカラスに向かって怒鳴ったさ。

第二子が育つまで我慢の日々。。。

 

そして、その夜の夢。

朝方だったと思う。

自分が見慣れた街を飛んでたの。それも凄くリアルで。

思ったまんま飛んだり、止まったり、眺めたり出来るのよね。

朝、出勤する人を電線の上から眺めて、大変だなぁ・・・とか思ってさ。

車の排気ガスが異常に臭いけど、ゴミからはとても良い匂いがしてくる。

で、ふと思ったの。

俺、カラスになってる?

しばらく、その状態を楽しんだら、自分ちの見慣れたベランダに来て、

パッと夢から覚めたわけ。

飛び起きて、ベランダの窓を開けたら、電線にカラスが止まってるわけ。

こっち向かってカーカー言って。

 

後で、よくよく考えたら、イチゴのお詫びに載せてくれたのか。

それからですよ。

霊視というか透視とかに興味を抱くようになって、もう一度あの体験をしたいと

強く願ったけど、カラスは相手にしてくれない。

どうやったらそうなるんだ・・・?

アストラルトリップとか、幽体離脱とかいう言葉も知らなかった。

それを体験してしまった以上、仕組みとかやり方とか知りたくなった。

その時住んでたマンションの一階が古本屋で、その類の本とか

何気に置いてあるわけよ。片っ端から読みあさったけど、方法らしくモノはない。

こうだったあーだったという体験レポート的なものばかり。

知りたい知りたいと思っていると、そういう類の人と出会うのよね。

ある種のトランスから飛ぶバージョン、薬で飛ぶバージョン、

音楽で飛ぶバージョン、強い意識で飛ぶバージョン、などなど色々教えてくれた。

まー手っ取り早いのは強い意識で飛ぶバージョン。

 

ただ、これが上手くないのよ。

インドで教わったマントラを一万回やった方が飛ぶってわかって、

毎日トライしたんだ。

カラスにはなれなかったけど、見慣れたような気がする土地とか

時代とか人とかイメージの中に出てくるようになって、

龍とか狐とかもこっち見てたり、霊が部屋を通り過ぎて行ったりとか、

意識で解るようになったのさ。

これもある意味リアルなんだけど、もう一度カラスに乗りたいわけ。

 

未だに出来てないんだ。

 

そこに行くのは、飛ばなくても行けるんだけど、

リアルに空中遊泳したいなぁ。もう一度。