読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

人って空洞??

最近読み返している本の中に「人は99.9999%空洞である」という言葉が出てきた。

 

ムム!?って話ですよねぇ。

 

ある聖者が少年にモノの見方を教えている場面なのだが、現在の量子学の究極には

ヒモ理論てのがあって、モノを究極にミクロ化していくと、紐のようなエネルギーの

回転体だという。

それは、意識している時だけ、固体化するという。

ということは、紐が絡み合って、原子になり分子になり物質となり・・・

人も物質なので肉体の99.9999%が空洞って言われても、そうなんだよね。

なんともまぁ、不可思議な話ではありませんか。

 

この捉え方で今の世界を見てみたら、面白いよねぇ。

それがそうである・・・と意識したことが現実を創っている。

 

それでは、その空洞を固定化している共通のモノがあるよねぇ。

自然の全てに共通しているモノ。

それが魂と呼ばれたり、神と呼ばれたりしている究極の意識って話だな。

 

なんか、書いてて頭がアホになってきた。

 

そんじゃ、俺って何者?

 

宇宙の全てであるってか。

 

 

むふふふ。

 

量子の世界から見たら、俺は99.9999%空洞の身体と呼ばれるものをまとう

宇宙の全てが詰まった魂である。

 

として、

 

モノを寄せるには、そのものがここにあると創造エネルギーを発信すれば

量子エネルギーが呼応して集まってきて、物質化するというわけだ。

 

引き寄せの法則と呼ばれるものだな。

 

なんだか面白い。

食べるという行為。

空洞が空洞を食べている感覚ってどんなんだろうか。

エネルギー構成が違うだけだろうし。

身体に悪いモノってなにもないんじゃないか?

 

もしかすると、観念そのものが、固定化されなければ、

ただのエネルギー同士、共存して調和していくだろうか。

 

ブツブツ

 

ブツブツ

 

まとまらないので

 

そういうことで。。