つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

病気は魂からの知らせ

「病いは気から」といいます。

気は心の奥から発せられるもので、身体・心・魂の元となるエネルギーです。

病気は、自分に向けられたお知らせと捉えると、視野が広がり、解決方法も見えてきたりします。

 

一般的な風邪から、原因不明の病まで全ての病いには原因があります。

原因を見つけるにあたって、

①感情を見直す

②繰り返している思考的癖を見つける

③他者との関わりを見直す

④カルマ的要因を見つける

などの手順を追ってみると、およそは自分の中に問題があるものです。

①~③までは、自分を観察する観点(客観)で見直すことは可能です。

病によってさまざまな理由が存在しますが、問題は、それが何を意味しているのかです。

複雑にしてしまっている自身の心を整理し、ネガティブな感情を解放することを促しているかもしれない。

生活自体を見直して、自然とかけ離れた生活を自然に戻すように促されているかもしれない。

親子の確執と向き合い解消することを促しているかもしれない。

他者との関係の中で自分のとっている行為の見直しを促しているかもしれない。

恨み辛みを手放して、許すことを促しているかもしれない。

自分に起きていることを素直に受け取るように促しているかもしれない。

自分よがりで他者を傷つけていることに気づかされているかもしれない。

頑なになっている部分を見つめ、まず自分を許すことを促されているかもしれない。

~かもしれない。

病いを治したいと思うなら、一度立ち止まって見直そうとする意志を向けることが第一歩です。

そういう変化が改善していくカギになっていきます。

時には、思い切った改革が必要な場合もあります。

 それには、勇気が必要です。

そして、自分はやり遂げられるという信じる心。

これらは、すでに自分の中に備わっているものです。

そう発せられた気は、正常な流れへと導いてくれるものでもあります。

これが自然治癒力と言われるもの。

病いを意識して、自分の内面を見つめ、改善しようと心がけること。

 

④はある程度の知識が必要になります。

前世という観点がなければ、カルマは見つけられません。

人は、何度も生まれ変わっている・・・という観点。

そして、魂は不滅であること。

カルマとは、行為という意味で、過去性の中で自分がしてきたことを意味します。

自分の魂がこの世に生まれてきた理由のおよそは、やり直す機会を求めたからです。

どんな人にもカルマはありますが、7から8割は、このやり直しのために人生を費やすとインドの聖者が言ってました。

初めてこのことを聞いたときは、目から鱗が落ちました。

それから必死に勉強しています。

今、体験していることが、過去世の中で自分がしてきたことと似通っていたりします。

現実、どうしても不可解でどうしてそうなってしまうのかわからないという場合、この観点で見ていくと、納得まではいかないかもしれないが、そうだったかもしれない・・・と思い直すことで、気を変えられることもあります。

どうしても自分では無理なときは、応援者となる人と出会ったりします。

これはあくまでも応援者で、解決するのは自分だということを忘れてはなりません。

 

ざーっと簡単に書いてみました。

 

もし、必要ならば、ご相談ください。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー