つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

過去を思い出す

昨年から蕁麻疹が収まらず、ついに糖尿病になった。

目のかすみ、ピンとが合わない老眼と近眼と乱視。

 

考えすぎ、感じすぎ・・・すぎ。

 

過ぎが過ぎて、糖尿から激やせ。

適正体重にはなったものの、3か月で15㌔は行き過ぎか。

 

事あるごとに神託されて、消化しては尻拭いする。

人と会えば、主護霊や魂、先祖たちからの伝えてよ~の申し出。

現実的に伝えてることが難しいことばかり。

無視すれば、からだに来る。

 

あげくは、見知らぬ人たちの潜在意識なども感じ取る。

 

およそが憂い。押しつぶした思い。心に受けた傷。

魂たちは、経験したいが、現実は同じことの繰り返しの毎日を訴えてくる。

 

私の立場として、頼まれてもいないことをすることは奢りになる。

どうしようもなくて、してしまえば、その方の経験を奪うことになるのか・・・いつも悩む。

そのせいで、憂いが晴れた方々もいるだろうが、そのつけは私に来る。

また、からだに来る。

 

ハッキリ言って、うんざりしている。

 

そうなってしまった自分すら呪うようになった。

 

神事にしても、神託で断れずしたこともある。

結果、現実的には自然災害になることもある。

しかし、神側からしたら、もっとひどい惨事になる前の予防なのだが、現実はその災害に合った方々の辛い思いがあるわけだ。

それも感じてしまう。

 

人の勝手さ加減とか、神々の意図することとか、なぜか板挟みになってしまう感覚。

 

大きな視野で見たらいいのだろうが、結果的には、私がしていることを人々には理解されることはない。

 

自分の中に溜まる憂い、自我と魂のせめぎあい。

突き抜けてしまえば、いいのだろうが、納得できない自分がいる。

 

生活も困窮してきた。

お金にならない仕事ばかりしてきたからだ。

助かった人たちは大勢いるかもしれないが、私はどうなる・・・。

 

のど元過ぎれば・・・人は苦しいときから逃れことでいいのか。

 

懸命に支えたことは、忘れられていく。

神や仏はそれでいいだろうが、私はどうなる。

 

そんなループにハマってしまった。

 

自分の作ったサイトを眺めていたら、飛び込んできたメッセージ。

 

全部、自分がしたこと。

受け入れるしかない。

 

ズーンと落ちた気持ちの底には、何がある。

 

それで、過去にあったことを思い出すが、辛いことばかりが出てくる。

でも、その陰にあった歓喜の思いも、僅かに見えてきた。

その一瞬のために、生きてきたんだなぁと。

 

そして、今が転換する機会なんだとも気づいた。

 

どう転換するのか、全くイメージがつかないが、火種はあることは見た。

かすかな情熱の火種をどう盛り上げていくか。

 

思案している。

 

 

ある坊さんの言葉

24時間テレビを見ていたら、とあるコーナーで出演されていたお坊さんの言葉が胸に刺さった。

 

人間が歓びと感じる4つのこと

 

①人に愛されること

自分は、今まで愛されて生きてきたかな?

そんな自問自答に、思い出は応えてくれる。

両親がいて、家族がいて、学友がいて、ペットがいて・・・

明るく楽しくばかりではなかったけど、確実に愛されてきたなぁと思った。

 

②人に褒められること

褒められた記憶は少ない。

やんちゃ坊主で、やりたいようにやってきたし。

割に厳しい言動が浴びせられていたようにも感じる。

そんな中、そっと褒められることがすごく気持ちを高揚させたのは覚えている。


③人の役に立つこと

自分がしたくて一生懸命やってきたことが、人の役に立っていた。

あえて、誰かのためとか、社会のためとか定義づけた記憶はない。

ある時、突然の「ありがとう」に驚いたくらいだ。

自分のためにしていたことが、人の役に立っていたんだなと。


④人に必要とされること

今の仕事で、これは多くなった。

使命感とか、責任感とかそういうプレッシャーもあるけれども、カウンセリング後に笑顔で帰られる歓びは、何にも代えがたい。

時に、必要とされるが行き過ぎて甘えや依存になると重くなるが・・・。

それでも、必要とされるのは間違いなく歓びだと思う。

 

最近、この4つの言葉を思い返すことが多くなったな。

自分を愛するには、実感と希望が必要だとも思う。

人は嫌悪する記憶はとどめるが、感謝されたことは忘れる。

また、他者に対して、この4つが出来ていたかなとも考える。

①人を愛すること

②人を褒めること

③人に頼ること

④人に任せること

 

他者から自分だけではなく、自分から他者へ向けることがあって、バランスがいいと思う。人間関係の調和とは、このバランスの事を言うのかもしれませんね。

 

 

すべての事は一時的

神との対話の中に「すべてのことは一時的なものである」とあった。

現実だけが見えている世界だとしたら、それは考えられないこと。

 

以前、窮地に落ちたことがあった。

時間を経てみたら、確かに一時的なものだあった。

 

今も神経痛に悩まされているが、きっとこれも一時的なこと。

先に苦しいを味わっておけば、後は楽が待っているものだ。

 

お金に苦しむ。

人間関係に苦しむ。

病やケガに苦しむ。

 

全て経験してきたが、確かに一時的なことであった。

 

今、厳しく苦しい状態にあったとしても、必ず道は開けると信じていいと思う。

それも、人生にとっては、一時的なものだから。

 

 

突発性三叉神経痛

突然やってきた。

激痛。

8/22の新月から本当に突然やってきた。

前触れとかも多少はあったけど、いつもの霊のアピールくらいに思ってた。

三叉神経のすべてに激痛が走るから困ったものだ。

お陰で、顔半分が・・・。

 

f:id:smc7:20170827012845j:plain

 

ところが、メッセージを取り続けると出てくる出てくる。

連なったメッセージの数々。

とっては処理して、とっては処理して。

根っこにおる奴がいる。

まー俺自身なんだけど・・・。

 

霊体は一度穴をあけられると、そこめがけて色んな霊やらなにやらがやってくる。

今回は、日の出ない夏日の連続と、湿気と暑さで身体も弱ってたのもあり、ウェブサイトの改定でかなりパソコンに向かってて、眼底疲労と視神経の疲労も重なって、ずいぶん深くまで風邪が入ってしまった。

 

キーワードは、「何を信じるか決める」

 

これから後半期に向けて、また北海道出張にも関わってくるキーワード。

まー、決めてはいるんだが・・・。

最近、反省すべきことは多々あるからなぁ・・・。

6次元の娘にも言われちゃったしなぁ。

 

しかし、過去にも同じような経験はしているが、まる4日も痛みが引かないことはなかった。

今も、激痛と格闘している。

身体の中を温めて、漢方処方された薬と、患部を冷やし痛みを軽減する繰り返し。

そして、メッセージを取っては処理している。

でも、以前あったことがあって、今は連絡も取れない人の内面とか、そいういう人に関わる先祖霊、憑依霊が来てくれても、すげー困る。

勝手に処理するわけにもいかず、かといって、話聞いても、何してあげることもできず、当の本人に連絡するにも、こっちからすることは筋が違う気がする。

 

そんな新月からの各闘劇真っ最中。

 

いつ、収まってくれるやら・・・。

 

東京の曇り空

徹底した曇りと雨で、まるでずーっと梅雨が続いたかのようですな。

体は重く、湿邪にまみれ、ストレスが溜まりイライラしますな。

集中力は欠け、ケアレスミスが多くなり、なんか上手くいかん・・・

 

私もそうです。

妻の漢方知識に助けられ、漢方医に処方された薬でなんとか保っている状態。

身体に溜まった湿気を取り除き、重だるさを緩和させて、呼吸法や簡単なストレッチで可動域を補ってます。

 

幸い、明日から天気が続くようなので一安心かな。

9月に入ったらすぐに北海道出張ですから、万全にしとかないと。。。

 

太陽が出てくれば、太陽神経叢は活発化し、気力も戻ってくるでしょう。

 

この曇りや雨続きには他にも大きな理由があるようです。

神々は「淘汰」と言ってきます。

人々の出し続けるエネルギーは実に様々ですが、これより先、発展、進化するのに不必要なエネルギーも在ったりします。

それらを淘汰して、新たな氣を流し込むイメージなんですがね。

 

8月も終盤を迎え、明日は旧歴の上半期が終わります。

後半期をどうしていくか決めないといかんな・・・と思っとります。

 

 

 

すべてあると思って生きよう その4

宇宙に整合する自己を知るためには、もう一方の整合しない側面が必要となるのです。

こうして、魂と自我は、相反する性質を持ち合わせつつも、一体なるものとして存在しています。

自己の中で葛藤し、疑念を抱き、不安をもたらす部分です。

また希望をもって、信じ、愛する部分でもあります。

この自我があってこそ、人は成長できるのです。

 

人は、④つのパーツから成り立っています。

①身体…表現する乗り物

②心……表現する意識

③魂……生命の源

④霊体…その全体の取りまとめ。

 

霊体は、魂の生命エネルギーにより、身体を整え、生み出された心を受発信します。

すべてがバランスよく、調和している状態が人間の健康であると言えます。

 

自我の維持があり、魂の命があってこそ、人として生きていける。

人は、様々な葛藤があり、問題を定義し、その答えを体験していきながら、経験を積んで成長していくようにできています。

 

生きゆく中で、実に様々な出来事が起きていることでしょう。

それらすべて、自己成長のためのプロセスであると言えます。

 

成長の最高地点は、「一なるものへの回帰」ということになります。

「一なるもの」は、自分以外のあらゆる経験をわが経験として歓喜している…。

 

未来創造は、人間の生きる基本です。

チャレンジすること。

 

未知なことは、誰しも恐れる。がしかし、

新たな自分創造は、あらゆる可能性を味方にできるのです。

 

具体的なオーダーには、具体的な結果が返ってきますから、

最高の自分をイメージして、オーダーするだけで叶うシステム。

 

ただし、時間のズレを信じ待つことができれば・・・。

 

つづく

 

すべて「ある」と思って生きよう その3

自我の原則は次の通り。

 

自我とは、個体保存、生命維持の大原則の下に造られています。

自分を守る事、自分のアイデンティティを保証することを、行動の最優先になります。

人の存在として個別化されたときに、命を維持し、自分を守り、主張し、個性として成立するのを目的としている。

 

母親から生まれ、成長とともに自己認識をし始めると同時に、自我は目覚めます。

家族から始まり、学校、社会に出て人の中に自分を見つけます。

自分は何者で、何をしようとしているのか。

そんな思いを抱きながら、あらゆる経験を積んでいきます。

少しでも他のために働くと、損をした気分になったり、自分を主張したくなったりするのです。

「受け取ること」には一生懸命ですが、「与えること」には消極的です。

このように、人間の自我だけが、宇宙の中で整合しないもう一つの性質を抱いているのです。

 

地球の理に準じた働きをしながら、自我は成長していきます。

 

① 複雑

② 不調和

③ 競争

④ 秘密

⑤ 束縛

⑥ 不公平

⑦ 分離

⑧ デジタル

 

以上の流れの中、様々な思考、感覚などを養っていきます。

 

そして、自我の大きなポイントとして、自己を守るという部分と裏腹に、死に対する不安、恐怖を併せ持っています。

 

また、自分以外の他者をコントロールしたがる性質もあります。

より複雑化した社会において、自己尊厳を満たすためには、他者のエネルギーが必要と考えてしまいがちなのです。

自分にエネルギーを向けさせるためのあらゆるドラマを仕掛けていきます。

(コントロールドラマ)

これによって、強弱者がきまり、格差へと向かってしまいます。

 

さて、ここまで解説してきましたが、あなたの目には、自我がとても悪い存在に映っていませんか。

 

つづく