つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

すべてあると思って生きよう その4

宇宙に整合する自己を知るためには、もう一方の整合しない側面が必要となるのです。

こうして、魂と自我は、相反する性質を持ち合わせつつも、一体なるものとして存在しています。

自己の中で葛藤し、疑念を抱き、不安をもたらす部分です。

また希望をもって、信じ、愛する部分でもあります。

この自我があってこそ、人は成長できるのです。

 

人は、④つのパーツから成り立っています。

①身体…表現する乗り物

②心……表現する意識

③魂……生命の源

④霊体…その全体の取りまとめ。

 

霊体は、魂の生命エネルギーにより、身体を整え、生み出された心を受発信します。

すべてがバランスよく、調和している状態が人間の健康であると言えます。

 

自我の維持があり、魂の命があってこそ、人として生きていける。

人は、様々な葛藤があり、問題を定義し、その答えを体験していきながら、経験を積んで成長していくようにできています。

 

生きゆく中で、実に様々な出来事が起きていることでしょう。

それらすべて、自己成長のためのプロセスであると言えます。

 

成長の最高地点は、「一なるものへの回帰」ということになります。

「一なるもの」は、自分以外のあらゆる経験をわが経験として歓喜している…。

 

未来創造は、人間の生きる基本です。

チャレンジすること。

 

未知なことは、誰しも恐れる。がしかし、

新たな自分創造は、あらゆる可能性を味方にできるのです。

 

具体的なオーダーには、具体的な結果が返ってきますから、

最高の自分をイメージして、オーダーするだけで叶うシステム。

 

ただし、時間のズレを信じ待つことができれば・・・。

 

つづく

 

すべて「ある」と思って生きよう その3

自我の原則は次の通り。

 

自我とは、個体保存、生命維持の大原則の下に造られています。

自分を守る事、自分のアイデンティティを保証することを、行動の最優先になります。

人の存在として個別化されたときに、命を維持し、自分を守り、主張し、個性として成立するのを目的としている。

 

母親から生まれ、成長とともに自己認識をし始めると同時に、自我は目覚めます。

家族から始まり、学校、社会に出て人の中に自分を見つけます。

自分は何者で、何をしようとしているのか。

そんな思いを抱きながら、あらゆる経験を積んでいきます。

少しでも他のために働くと、損をした気分になったり、自分を主張したくなったりするのです。

「受け取ること」には一生懸命ですが、「与えること」には消極的です。

このように、人間の自我だけが、宇宙の中で整合しないもう一つの性質を抱いているのです。

 

地球の理に準じた働きをしながら、自我は成長していきます。

 

① 複雑

② 不調和

③ 競争

④ 秘密

⑤ 束縛

⑥ 不公平

⑦ 分離

⑧ デジタル

 

以上の流れの中、様々な思考、感覚などを養っていきます。

 

そして、自我の大きなポイントとして、自己を守るという部分と裏腹に、死に対する不安、恐怖を併せ持っています。

 

また、自分以外の他者をコントロールしたがる性質もあります。

より複雑化した社会において、自己尊厳を満たすためには、他者のエネルギーが必要と考えてしまいがちなのです。

自分にエネルギーを向けさせるためのあらゆるドラマを仕掛けていきます。

(コントロールドラマ)

これによって、強弱者がきまり、格差へと向かってしまいます。

 

さて、ここまで解説してきましたが、あなたの目には、自我がとても悪い存在に映っていませんか。

 

つづく

すべて「ある」と思って生きよう その2

宇宙には、どんな働きがあるの?

 

エネルギーの4つの力

① 電磁気力 (荒・現魂の力) 身の回りの力はほぼ全部、電磁気力出てきている。

  ☆あらゆる存在を存在として位置付ける力

② 引力 (幸魂の力) 惑星が規則的な周回軌道を取る力。

  地球が地球中心に引き付ける力(重力)

  ☆存在を引き付ける力

③ 弱い力 (奇魂の力) 物質の性質を変化させる力

  ☆存在の変化を促す力

④ 強い力 (和魂の力) 物質同士を結び付ける力

  ☆存在同士を助け合う力

 

つまり

全て、

既に備わっているということ。

既に愛されているということ。

既に、与えられているということ。

既に、自由であるいうこと。

 

宇宙の理は以下の通り

 

① 単純……物事がシンプルである。

② 調和……摩擦がなくバランスがいい。

③ 共生(協調)……助けあい、補いあう。

④ 開放……秘密がない。

⑤ 自由……束縛がない。

⑥ 公平……差別がないが区別はある。

⑦ 融合……すべてが、全体のもとに一つになっている。

 

これらのことは、目に見える見えない拘わらず、どんなものも統一されていることなのです。(統一場)

これらは、魂の働きです。

宇宙創造者の分身としてある魂は、前記の事柄を大前提にしています。

 

 

これが自分の本当の姿です。

 

この本当の姿である自分を知るために、自我が存在します。

 

つづく

 

すべて「ある」と思って生きよう その1

今まで「ない」と思って、諦めたり、羨んだり、妬んだりして

苦しい思いしてきましたか?

 

それは、自分の本当の姿を知らないからです。

 

では、本当の自分って何でしょう?

 

これから、人間の神秘について探っていきましょう。

 

はじめに意志ありき

 

すべての存在は、ある一つの存在から生まれました。一なるものの法則万物の根源

一つの存在は、己を知るために、もう一人の己を生み出しました・・・鏡の法則、太極

もう一人には、完全なる自由を与えました・・・自由意志の法則、愛されている原則

たった一つの約束を課しました。それは必ず自分に帰ってくること・・・

一元回帰の法則、指導原理

 

そして、一つの存在は、姿を消しました。

 

もう一人の己の自由な旅をわが経験とするために。

 

やがて、もう一人はあらゆるものを創造していきます・・・創造主 魂の親

さらなる自己を生み出すべく、自分と反対の存在を生み出しました・・・陰陽の法則、造物主 自我の親

 

そして、世界(宇宙)はどんどん造られていくのです。

 

つづく

波動を高める

この世界、すべて波動で成り立っています。

波動とはエネルギーの波。

波同士が組み合わさり、形を成しています。

 

この波動も「類は友を呼ぶ」法則に従います。

荒々しく、歪みの強いものは、それを呼び、

繊細で、バランスの良いものは、それを呼ぶ。

 

インドに行ったとき、マントラが波動を高めると聞きました。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

に掲載してあるガヤトリマントラを初めて習い、それからずっと唱え続けています。

何度も唱え、血肉に染み渡るようになると、霊体の働きも活発化していきます。

唱えた人の中には、体調を崩される方もいます。

今までと違った働きに、意識がついて行ってない状態だったりします。

過去の自分を主体にするか、今から未来の自分を主体にするかで、意識的なものも変わってきます。

 

自然の中にいると癒される。

それは微細でバランスの良い波動があるから。

相互に支え合い、活かしあう意識の中あるものを自然と呼びます。

 

自分の内も同じこと。

幸せを感じて生きている人と、不幸を感じて生きている人では輝きが違う。

身体も同じ。

人間関係も同じ。

 

今の自分を変えるとは、自己の波動を変えることにも等しいと思います。

今まで付き合いのあった人達と離れ、新たな出会いに変わっていく。

それは、前記した「類は友を呼ぶ」法則そのもの。

 

言葉一つにも、波動はあります。

f:id:smc7:20170202125258j:plain

このように形に現れてしまいます。

 

心の中で思うこともまた同じ。

 

波動の高め方にはいろんな方法があります。

座禅、瞑想、好きなことをする、愛する、感謝する、祝詞、お経・・・

自分にあったものから始めるといいと思います。

 

ありがとう。

感謝します。

 

心からの言葉になるように。

 

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

 

とはいえ、我が家は旧暦合わせなので、とりあえずの正月ってとこです。

年末の新月から体調不良が続き、明けてもまだ終わらず。。。

(;´д`)トホホ・・・な三が日になりそうです。

 

昨日のメッセージでは、大幅な魂更新がある様子。

イメージでは、磁気が4分割になって、ややこしい感じ。

太陽イベントと関係があるような。。。

↓こんな画像みっけた。この右側の感じ。

f:id:smc7:20170102120749j:plain

 

そんで一言「決意しろ」って。何を決意すんの??

と問いかけるも応えずの決意。

寒冷化が進む感覚もありつつ、そうなると人類の魂はどーなっていくの?

首都圏都市部では、8次元の影響が強くなって、云々かんぬん・・・。

生霊も集合体化して、よりパワーアップする??

 

まったくなんのこっちゃ??というメッセージばかりで、困惑してたら風邪。

 

身体における天地の軸の強化を図らんと、巻き込まれる??

 

バシッ!!と整えてみたら一瞬スッキリしたけども・・・

これを維持していく感覚なのか。

 

二極化と寒冷化・・・。

氷河期か?

 

外は、ポカポカ陽気で暖かいけれどもなぁ。

 

咽から始まり、現在は鼻。

昨夜は、集合体のエネルギーを感じまくり、右肩が大変だった。

起きたら、鼻づまりで窒息寸前での起床。

鼻うがいしてたら、耳から水が出てくる。

鼓膜なくて良かったぁ・・・って言ってる場合じゃないか。

 

ともあれ、

2017年始まりました。

 

皆さま、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

マントラ修行

マントラ修行の日々。
まずは、ガヤトリマントラ。

『オーム ブルッブワ スワハ タットサビトルー ワレーニャン パルゴーデーバッシャディーマヒ ディヨヨーナプラチョーダヤー』

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー で聞けます


これを音楽に合わせてひたすら108回唱えるだけ。
45分くらいかかるけど、これがまじめにやっていると
30分くらいで意識が飛ぶ。

気がつくと、その場で前のめりに寝てしまっていたり、
意味わからない言葉を発していたり・・・。

で、始めからやり直し。
これを41日間続けるんです。

ただそれだけ。

ただそれだけの事が、中々出来ない。

あ゛ー今日も飛んでしまった!!
と、何度やり直したことか。

41日間無事に終わると、次は地のマントラ。
『オーム アインクリンサウン・・・』
これを41日。
それが終わると、地のマントラ②
『オーム スラーナン ブンブテイ・・・』
これを41日。
これが終わると、地のマントラ③
『オーム アインクリンスリン・・・』
これを21日。
という具合に、5エレメント(五気)のマントラをその順番と作法通りに続けるのです。
五気・・・地、火、空、水、風
これが1セット。
これだけで半年かかるってものです。

インドの修行者たちは、これに朝夕の礼拝と、昼の儀式と・・・

ってほぼ一日マントラ漬け。

普通に仕事して、マントラして・・・無理です。

私は幸いにも、続けることが出来ましたが・・・。妻に感謝!!
その中に「般若心経、稲荷心経」を入れたり、「大祓祝詞、龍神祝詞」も合わせてやっとりました。

始めは何の変化も感じていなかったけど、
半年を過ぎたあたりから、自分の何かが大きな変化をしていることに気づくのです。

感じ方、見かた、受け取り方、渡し方。

般若心経で言う「色即是空・空即是色」の在り方が変わってくるのがわかる。

そして、癖が見えてくる。
さらに、関わり方も見えてくる。
嫌な自分が顔を出してくる。
蓋をしていた様々な思いが表出してくる。


なんでやねん!!
っていうくらい、ネガティブ面、暗黒面が見えてくる。

どうしたらいいか判らず、
ただ不機嫌になるだけだったのが、
受け入れようと気が変わる。

っていうか、誰かに「受け入れよ」って言われた気がする。

で、どうしたら受け入れられるのか、必死に模索し、
模索し、
模索し、

判らなくなる。

で、ただ抱きしめるようにしてみた。

うまくいった。
心の中が軽くなり、人にも自分にも、優しくなれた気がする。
そういう時に、必然的に本と出会ったりして、
整理整頓の仕方なんかを学び、やり直して

内面の浄化が始まって行った。

意外と出てくる自分の暗黒面。

いろいろと思い出す嫌だった記憶。

そんな毎日を繰り返しつつ、一つクリアすれば、お客さんが来て、
小テストのように確認させられ、また相手の浄化を促せたりできて、
大きなテストも起きたりする。

出来なかった時は、ただ暴れて、
出来た時は、歓喜に溢れて、

また小テスト。

マントラ修行は、自己の内面をしっかりと浄化していくための修行法。

言霊の力(宇宙の神々に向けて発信)を借りて、球体の自己の内面を隅々まで見渡す。
それが小宇宙。

実際、本気でやってみないとここまでつかめないと思う。


追記

マントラは、日本語訳すると「真言」にあたる。

もっともポピュラーなのが「ガヤトリマントラ」らしい。

小生、ぶっちゃけたこと言うと、意味も知らんかった。

後に、言葉の波動(言霊)を知って、いろんなマントラを唱え試してみた。

感覚的にどう捉えていくのか、それをどう自分に反映させていくのか。

そんなことが大事だと思う。

次いで気に入ってるのがムーラマントラ。

オーム サッチターナンダ パラブラーマー
プルショータマ パラマートマー
シュリー バガヴァティー サメーター
シュリー バガヴァテー ナマハー

www.youtube.com

このディーバ・ブレマールという方がすごい。

いろんなマントラを歌にしています。

聞くだけじゃなく、自分でも歌ってみるといいかも。

 

そもそも、マントラは、大昔から聖者が唱えてきた波動。

その感覚を言葉に置き換え、神に帰依し、魂を浄化し、大霊に帰すために

書き残したもの。

何を目的にそれを唱えるかがカギかもなぁ。