読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶやき

日々感じたことをつぶやいてます。

波動を高める

この世界、すべて波動で成り立っています。

波動とはエネルギーの波。

波同士が組み合わさり、形を成しています。

 

この波動も「類は友を呼ぶ」法則に従います。

荒々しく、歪みの強いものは、それを呼び、

繊細で、バランスの良いものは、それを呼ぶ。

 

インドに行ったとき、マントラが波動を高めると聞きました。

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー

に掲載してあるガヤトリマントラを初めて習い、それからずっと唱え続けています。

何度も唱え、血肉に染み渡るようになると、霊体の働きも活発化していきます。

唱えた人の中には、体調を崩される方もいます。

今までと違った働きに、意識がついて行ってない状態だったりします。

過去の自分を主体にするか、今から未来の自分を主体にするかで、意識的なものも変わってきます。

 

自然の中にいると癒される。

それは微細でバランスの良い波動があるから。

相互に支え合い、活かしあう意識の中あるものを自然と呼びます。

 

自分の内も同じこと。

幸せを感じて生きている人と、不幸を感じて生きている人では輝きが違う。

身体も同じ。

人間関係も同じ。

 

今の自分を変えるとは、自己の波動を変えることにも等しいと思います。

今まで付き合いのあった人達と離れ、新たな出会いに変わっていく。

それは、前記した「類は友を呼ぶ」法則そのもの。

 

言葉一つにも、波動はあります。

f:id:smc7:20170202125258j:plain

このように形に現れてしまいます。

 

心の中で思うこともまた同じ。

 

波動の高め方にはいろんな方法があります。

座禅、瞑想、好きなことをする、愛する、感謝する、祝詞、お経・・・

自分にあったものから始めるといいと思います。

 

ありがとう。

感謝します。

 

心からの言葉になるように。

 

 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

 

とはいえ、我が家は旧暦合わせなので、とりあえずの正月ってとこです。

年末の新月から体調不良が続き、明けてもまだ終わらず。。。

(;´д`)トホホ・・・な三が日になりそうです。

 

昨日のメッセージでは、大幅な魂更新がある様子。

イメージでは、磁気が4分割になって、ややこしい感じ。

太陽イベントと関係があるような。。。

↓こんな画像みっけた。この右側の感じ。

f:id:smc7:20170102120749j:plain

 

そんで一言「決意しろ」って。何を決意すんの??

と問いかけるも応えずの決意。

寒冷化が進む感覚もありつつ、そうなると人類の魂はどーなっていくの?

首都圏都市部では、8次元の影響が強くなって、云々かんぬん・・・。

生霊も集合体化して、よりパワーアップする??

 

まったくなんのこっちゃ??というメッセージばかりで、困惑してたら風邪。

 

身体における天地の軸の強化を図らんと、巻き込まれる??

 

バシッ!!と整えてみたら一瞬スッキリしたけども・・・

これを維持していく感覚なのか。

 

二極化と寒冷化・・・。

氷河期か?

 

外は、ポカポカ陽気で暖かいけれどもなぁ。

 

咽から始まり、現在は鼻。

昨夜は、集合体のエネルギーを感じまくり、右肩が大変だった。

起きたら、鼻づまりで窒息寸前での起床。

鼻うがいしてたら、耳から水が出てくる。

鼓膜なくて良かったぁ・・・って言ってる場合じゃないか。

 

ともあれ、

2017年始まりました。

 

皆さま、今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

マントラ修行

マントラ修行の日々。
まずは、ガヤトリマントラ。

『オーム ブルッブワ スワハ タットサビトルー ワレーニャン パルゴーデーバッシャディーマヒ ディヨヨーナプラチョーダヤー』

スピリチュアル・マネジメント・カンパニー で聞けます


これを音楽に合わせてひたすら108回唱えるだけ。
45分くらいかかるけど、これがまじめにやっていると
30分くらいで意識が飛ぶ。

気がつくと、その場で前のめりに寝てしまっていたり、
意味わからない言葉を発していたり・・・。

で、始めからやり直し。
これを41日間続けるんです。

ただそれだけ。

ただそれだけの事が、中々出来ない。

あ゛ー今日も飛んでしまった!!
と、何度やり直したことか。

41日間無事に終わると、次は地のマントラ。
『オーム アインクリンサウン・・・』
これを41日。
それが終わると、地のマントラ②
『オーム スラーナン ブンブテイ・・・』
これを41日。
これが終わると、地のマントラ③
『オーム アインクリンスリン・・・』
これを21日。
という具合に、5エレメント(五気)のマントラをその順番と作法通りに続けるのです。
五気・・・地、火、空、水、風
これが1セット。
これだけで半年かかるってものです。

インドの修行者たちは、これに朝夕の礼拝と、昼の儀式と・・・

ってほぼ一日マントラ漬け。

普通に仕事して、マントラして・・・無理です。

私は幸いにも、続けることが出来ましたが・・・。妻に感謝!!
その中に「般若心経、稲荷心経」を入れたり、「大祓祝詞、龍神祝詞」も合わせてやっとりました。

始めは何の変化も感じていなかったけど、
半年を過ぎたあたりから、自分の何かが大きな変化をしていることに気づくのです。

感じ方、見かた、受け取り方、渡し方。

般若心経で言う「色即是空・空即是色」の在り方が変わってくるのがわかる。

そして、癖が見えてくる。
さらに、関わり方も見えてくる。
嫌な自分が顔を出してくる。
蓋をしていた様々な思いが表出してくる。


なんでやねん!!
っていうくらい、ネガティブ面、暗黒面が見えてくる。

どうしたらいいか判らず、
ただ不機嫌になるだけだったのが、
受け入れようと気が変わる。

っていうか、誰かに「受け入れよ」って言われた気がする。

で、どうしたら受け入れられるのか、必死に模索し、
模索し、
模索し、

判らなくなる。

で、ただ抱きしめるようにしてみた。

うまくいった。
心の中が軽くなり、人にも自分にも、優しくなれた気がする。
そういう時に、必然的に本と出会ったりして、
整理整頓の仕方なんかを学び、やり直して

内面の浄化が始まって行った。

意外と出てくる自分の暗黒面。

いろいろと思い出す嫌だった記憶。

そんな毎日を繰り返しつつ、一つクリアすれば、お客さんが来て、
小テストのように確認させられ、また相手の浄化を促せたりできて、
大きなテストも起きたりする。

出来なかった時は、ただ暴れて、
出来た時は、歓喜に溢れて、

また小テスト。

マントラ修行は、自己の内面をしっかりと浄化していくための修行法。

言霊の力(宇宙の神々に向けて発信)を借りて、球体の自己の内面を隅々まで見渡す。
それが小宇宙。

実際、本気でやってみないとここまでつかめないと思う。


追記

マントラは、日本語訳すると「真言」にあたる。

もっともポピュラーなのが「ガヤトリマントラ」らしい。

小生、ぶっちゃけたこと言うと、意味も知らんかった。

後に、言葉の波動(言霊)を知って、いろんなマントラを唱え試してみた。

感覚的にどう捉えていくのか、それをどう自分に反映させていくのか。

そんなことが大事だと思う。

次いで気に入ってるのがムーラマントラ。

オーム サッチターナンダ パラブラーマー
プルショータマ パラマートマー
シュリー バガヴァティー サメーター
シュリー バガヴァテー ナマハー

www.youtube.com

このディーバ・ブレマールという方がすごい。

いろんなマントラを歌にしています。

聞くだけじゃなく、自分でも歌ってみるといいかも。

 

そもそも、マントラは、大昔から聖者が唱えてきた波動。

その感覚を言葉に置き換え、神に帰依し、魂を浄化し、大霊に帰すために

書き残したもの。

何を目的にそれを唱えるかがカギかもなぁ。

 

 

久しぶり

今思う。

30過ぎてから生きたいように生きてきたわ。

30前までも、生きたいように生きてきたわ。

 

そりゃ多少の凸凹はありましたが、おおむね、やりたいようにやってきた。

 

必死にもなったし、思いっきり逃げてた時期もあるし、

投げやりにもなったし、死のうとも思ったなぁ。

 

でもしっかり生きてるんだわ。

 

やりたいことがない!!って騒いだ結果、

やりたいようにやってきた自分を知った。

 

本当にやりたくないことやってない今。

 

マンネリ化して、目先を変えたら新鮮に見えて、

形を変えても、この視点が変わらんことには、同じことの繰り返しなんだな。

 

うちのこ(座敷童)が言ったさ。

 

パーパは、やりたいこと見つけたいなら、やりたくないことやんなきゃね。

パーパは、やりたいように、生きたいように生きてるんだよ。

パーパは、良いも悪いも、すごい力で引き寄せるんだから、

パーパ自身が一番氣をつけなきゃだよ。

 

先日、國常立の神さんから、ここしばらく氣を張れ。と言われた。

 

今月から異常なほど天の氣が落ちる。

地の氣が満々て溢れるから、バランスが壊れる。

阿蘇の噴火から始まった様子。

 

いったいどんなことになるんか、想像もつかない。

9次元の意識体もアクセスしてきたし、収穫が加速するんかな。

 

ギターも買ってもらったし、

すでに指先痛くてしょうがないし、

それでも触っていたいのねぇ。

 

成功者

常々疑問を持つ、この「成功者」

何を基準に成功と失敗としているのだろう。

 

成功を求めるならば、失敗を恐れてはいけないし。

失敗を悔いていつまでもしがみついていたら、成功すらやってこない。

お金持ちを成功者とするならば、失敗して貧乏になる人を増やさなきゃならない。

有名人を成功者とするならば、単純に目立つことをすればいい。

言ってしまえば犯罪を犯して、メディアで有名になる人も成功者だ。

 

何を基準にするかで、二元性の明暗は分かれる。

 

成功の法則をみんなが知って、みんな成功したら、失敗者がいなくなって、成功したかもわからん。

 

真の成功者って何?

 

自分らしく堂々と生き抜いて、納得できる人生を送る人。

お金持ちであるかもしれんし、有名人であるかもしれんし、一般的かもしれんし。

それはその人がどう在ろうかとしたかによる。

どんな人間で在ろうとしたかによる。

 

その心の奥にある真っすぐな意志に沿って、ゆらゆらと軌道を逸しながらも、しっかり自分を見据えて生きること。

 

最後に笑うのは誰だ。

神様と人

スピリチュアルの学びは、人のとしての可能性を広げていくこと。

霊的な話、神様との対話、魂や主護霊・・・といった、目に見えない事象をいかにして捉え、自分の存在を明らかにすること。

十数年にわたり研究しつつ、学びつつ、経験して得たものがあります。

①神には良い悪いがない。

②神は人をはじめあらゆる存在の自由を奪わない。

③神は人をはじめあらゆる存在の意志を尊重し応援する。

 

自分に不利益なことが起きると、何かのせいにしたがります。

私も、よく神様に文句言ってました。

でもそれは、自分が望んで呼び寄せて、起きた結果であるということに気づいた。

神様は、自分の望みに対して精一杯応えてくれていた。

そう認めたとき、自分が変わらないと、望みを変えないと、結果も変わらないと心の底から思ったものです。

 

すると一つの法則があることに気づいた。

本気で望めば、それは時間を経て必ず叶う。

つまり、そう願い望んだ瞬間にそれはすでに叶っている。という法則。

 

そこには大きな落とし穴がある。

神様の世界ではすでに叶っていることも、人の世界に降りてくるまでに時間がかかる。

その間に、他の望みも付け加えている事実。

それが無意識でもだ。

最初の望みをずーーーーっと持ち続けて、あらゆる試練が訪れるのは、他でもない自分の無意識にある望みも叶ってしまっているからではないか。

で、無意識にある自分の思いを意識下に置くよう努力し始めた。

無意識の中には、先祖の事、魂の転生の事、トラウマ、癖などがたーーくさん詰まっていた。

肉体があるのは先祖たちが子づくりしてくれたおかげ。

魂で在る自分は、その肉体をめがけて降臨し、経験できる。

育ってきた環境、その中で経験して培ってきた良い悪いの思い、考え。

なんども繰り返してきた方程式のような癖。

全て、無意識に望んで自分が発している事実。

ここを認め、改めて、最初の望みを叶えるべく努力することがスピリチュアルの学びの本質的なことなんじゃないかと思えたんです。

 

先祖供養の大切さ。

人間関係の大切さ。

自分の思考のコントロール

癖の改善。

魂や霊の知識と知恵の学び。

心の整理整頓。

 

神様は、八百万。

自分の存在は、自分以外のものを知ることで確立される。

自分から世界に発信すればするほど、世界から自分に向かうエネルギーも増える。

その分、学ぶことが多くなり、経験も豊富になる。

心が豊かになり、さらなる進化へと続く。

 

八百万の神々は、その意志すべてに完全に応え、人の成長と進化を促している。

人に限らず、自然界にあるモノすべてを包括して、支えている。

 

親の心、子知らず・・・。

 

神が親で、自分が子だとしたら、本当にその通りだ。。。

 

 

 

 

 

自分らしく生きる

自分の現実は、他ならぬ自分自身が創造している。

その現実を楽しく意気揚々と過ごすのも、嘆き悲しむのも自分が選択したこと。

人それぞれ、家族、学校、会社、政治、社会全体と個から集団と括りは様々。

その中に身を置いている現実も、すべて自分が選んでいるのです。

その現実に違和感を感じているならば、選択を変えればよいのです。

ほんの少しの勇気と心の奥にある信念に気づけば、行動できるものです。

 

「今」という現実は、過去の自分の選択した結果であり、未来にこうなろうとする希望でもある。

「今」には、過去も未来も集約されている。

時間の観念が生み出すものの考え方、捉え方を少しだけ変えてみたら、「今」は実に完璧だと思える。

 

~したら、~なれば・・・。

こうなるなんて、思いもしなかった。

この現実は、自分が選んだわけではない。

~たい。けど~だから・・・。

 

人生におけるトラブルが生じたとき、こんな考え方になるだろう。

上手くいかないとき、人のせいにしたり、社会のせいにしたり、環境のせいにしたり。

数々のコントロールドラマにはまり込み、抜け出せなくなっている人もいるだろう。

視野を少し広げるだけで、見え方はガラリと変わったりします。

 

それは、

「自分の現実は自分で創っている。」という事実をしっかり受け止める覚悟から始まります。

その事実から目を背け、言い訳していては、何も変わらない。

どんどん深みにはまり込んでしまいます。

 

「自分の意志で創造する」と心に決めて、どんな自分になろうしているか自分と向き合うことが次のステップ。

それは、今までの自分に対して違和感を覚えることもあるでしょう。

 

「変化に柔軟になる」

変化していくときは、希望と不安はつきもの。

どっちかばかりを観るのではなく、どっちもしっかり見ていくことが大事です。

 

「未知に心を開く」

無知であることを認めて、学ぶ姿勢を忘れないこと。

知らないことを聞く勇気を持つこと。

 

「断捨離」

いらないものを捨てる覚悟を持つこと。

心の中に沢山のすがりがあればあるほど、モノも増えていきます。

いつか使えるだろうと捨てられないものは意外と多いものです。

今必要かどうか・・・が判断基準。

一度捨てたとしても、また手に入れることもできるのです。

それを無駄と考える人もいるでしょうが、今必要ないものを心の中に置けば置くほど、新しいものは入ってきません。

 

「手放すこと」

学んだことを自分の中だけにとどめておけば、いつか必要ないものになって、心が満タンになり、また動けなくなります。

それを人に教えたり、与えたりすることで、学んだことが活かされます。

そこに生まれるエネルギー交流が、豊かさにつながっていくのです。

 

ここまでのステップは繰り返されます。

人にはステージがあり、ステップアップしていくようにできています。

一見似たようなことも、ステージが違えばまた新しいものに見えたりします。

そのステージ変化は、人が離れたり、会社を変えたり、独立したりと現実に起こります。

今までに囚われていたら、その変化を見逃してしまうことになります。

ステージダウンしてしまうケースもありますが、ちきんと理由があります。

 

自分らしく在るというのは、

「自分の意志で現実を創造していること」

それこそが、魂の歓びであり、進化への過程なのです。

 

と、私は思う。